ジェラール・プーレの精神を受け継ぐと共に、

   ヴァイオリンを通して「音楽」を学ぶ、

       新しいスタイルの音楽塾です。

「太陽に照らされた果実のような
        瑞々しくて温かい音色」
         
         —  ジェラール・プーレ

ご挨拶

 当教室は、私の師匠であるジェラール・プーレの技と精神を受け継ぎ、21世紀にそれを伝えて行きたいという思いで開設致しました。プーレ氏より、「Moemiは完全に自分のスタイルを学んでそれを伝達できる人だ。学んだ期間からも一番信頼できる。大いにやってくれ。」との激励の言葉を頂き、音楽博士のプーレ・スクールは開講に至りました。

 ジェラール・プーレは、20世紀の巨匠達を知る最後の生き残りと言われているフランスのヴァイオリニストであり、今の時代のヴァイオリニストが失いつつある音と音楽、そしてその優れた指導力によって、日本のヴァイオリン界にも計り知れない恩恵をもたらした人物です。

 高校3年生の終わりに初めて彼の演奏を聴いた時の衝撃は、天地を覆すほどのものでした。プーレ氏は、私の演奏だけでなく私の精神にまで大きな影響を及ぼし、「音楽」というものを教えてくれました。修士課程から博士課程まで、その前後も含め7年間彼の下で学び自からの血肉としたものを、少しでも音楽を愛する方々と共有出来れば幸せに思います。

 当教室では、まず音楽を体感することを大切に、そしてそれを実現する為のメソッドを伝授致します。(メソッドについてはこちらをご参照ください。『ジェラール・プーレのヴァイオリン奏法と指導術―プーレ・マジック―』

 

 また、「ヴァイオリンを弾くこと」だけでなく、博士号を取得している講師ならではの多角的なアプローチで音楽を学ぶことも当教室の特色です。多分野に亘る学際的な学びから、興味が人をワクワクさせ、生き生きとした演奏に、そして心の輝く人生に繋がることを感じて頂ければ嬉しいです。

 「音楽博士のプーレ・スクール」と言っても、何も難しいことを勉強するお教室ではありません。子供だからこそ、また初めてだからこそ、最初に触れるものが大切だと考えています。初めてのお子様、趣味で楽しみたい大人の方、音楽の道を志している方、ご興味を持って頂けた方ならばどなたでも大歓迎です。音が私達人間に与えてくれる幸せを感じる心を育て、技術と知識と音楽が結びついた時の喜びや感動を一緒に分かち合いましょう。